1. HOME
  2. 海外物件 フィリピン 移住向け 海外不動産投資
  3. 【フィリピン】マニラ オルティガスイースト 大規模再開発 −レジデンス&オフィス−

海外物件

フィリピン

移住向け

海外不動産投資

【フィリピン】マニラ オルティガスイースト 大規模再開発 −レジデンス&オフィス−

【フィリピン】マニラ オルティガスイースト  大規模再開発 −レジデンス&オフィス−
この物件の特徴

投資として注目を浴びるオルティガスエリアに誕生

開発会社はオルティガスエリアの大地主かつ評判の高い開発会社「オルティガス&カンパニー」

交通利便性の高い立地

基本情報

物件名
【マニラ】Maple ​| メープル
エリア
フィリピン・マニラ
物件価格
(現地通貨)
PHP6,474,800
郵便番号
確認中
建築完成年
2024年
物件価格
¥14,000,000
寝室数
1~2
想定利回り
6%

アメニティ

  • キッチン
  • 専用のバスルーム
  • ノートパソコン使用に適した仕事スペース
  • ジム
  • プール

概要

建物タイプ
コンドミニアム
交通
オルティガスサウス駅(マニラ国際空港から5駅)
建物の階数
42
総戸数
692
入居状況
-
購入時期
即購入可能
民泊運用
占有面積
25㎡~184㎡
管理費
-
修繕積立金
-
駐車場
-
所有形態
お問い合わせください
建物構造
鉄筋コンクリート
物件所在地
C5, Pasig, Metro Manila, フィリピン

フロアプラン

低層フロアプラン
・スタジオタイプ
・1ベッドルーム


外観写真

マニラ第2のCBD(ビジネス商業地区)オルティガスの東エリア「オルティガスイースト」は、商業地「オルティガスセンター」から伸びる「オルティガスアベニュー」、「ジュリアバルガス」及び主要幹線道路である「C5」に囲まれた交通利便性の高い立地です。
上記に加え、2025年にはマニラ国際空港から直結の新駅ができ、1,000億円規模の再開発計画として2018年より始動している大注目のエリアです。
その中でも、メイプルは、オルティガス・イーストのヴァーダント・タワーズで最初に建設されるレジデンシャルタワーです。
現代のペースの速いライフスタイルの中で、メイプルは、都会での長い一日を終えた居住者をあたたかく迎え、はぐくみ、リフレッシュさせてくれるようにデザインされています。


内観写真

オルティガスイーストのエリアには、歩きやすさを促進すべく、住民や近隣の方々の利便性と健康のために、グリーンスペースと連絡通路が整備されています。

居心地のよいマイホームのくつろぎと上品さを兼ね備え、現代とスタイルを体現しています。

  • 部屋タイプ:
  • Studio 28-35㎡
    1 Bedroom 52-59㎡
    2 Bedroom 89㎡
    Garden Units 137-164㎡
    Town House 182-184㎡



ディベロッパー情報

オルティガス・ランド(旧名称オルティガス&カンパニー)

90年弱の歴史を持つ、由緒ある企業「オルティガス・ランド(旧名称オルティガス&カンパニー)」は、フィリピン首都マニラの第二のCBD(ビジネス商業地区)の地名である「オルティガス」の土地の大部分を所有することから、不動産開発会社へと進化を遂げてきました。大規模な土地を所有していることからできる、都市開発(タウンシップ)を得意としています。近年では、フィリピン第一位の不動産会社「SMプライム」(モール開発の最大手)および第二位の不動産会社「Ayala land」(住宅開発の最大手)と資本業務提携を行い、商業ゾーン開発を先行させた上で、利便性の高い生活環境の住宅開発を行っています。

お問い合わせ

こちらの物件に関するお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。